FC2ブログ
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05
TOP > 3部考察 > 【考察】「かがみのむこう>」3部6曲目(23)を読み解く【その1】

【考察】「かがみのむこう>」3部6曲目(23)を読み解く【その1】 2011.01.09[日]

動画&歌詞その1その2その3その4その5その6その7

リンが去った後、残された二人。
彼らの闘いとは。
3部「かがみのむこう>」基本情報のまとめです。

まずは作品情報やキーワードをとりあげましょう。


【作品情報】
待望の作者第3部第6作となるのがこの「かがみのむこう>」。
ニコニコ動画うp時の正式名称は
【オリジナル】かがみのむこう>【鏡音レン・神威】

この作品で、はじめてレンと神威が対峙します!

投稿日時は09/07/06 06:47。前回の投稿から2ヶ月弱。
最近の作品は、だいたいこの周期で発表されているようです。
その間にはコラボ作品リミックス作品をはじめ、
まさかの「歌ってみた」も発表されています。


また、忘れてはならないのが"ボーマス9"の存在。
参加サークル捻れたアヒルの3rdアルバム、「アヒルホスピタル」には"おそろしあ☆"で参加。

かつ、プーチンPやしうかさんご本人も入手できなかったという曰くつきwのプーチンP第1部 「ひとりにしないで。」CDも制作されていました。


今作は、絵師のしうかさんが描く「二人の対比」に注目といえるでしょう。
イラストの枚数も多く、二人の緊迫した(?)やり取りを臨場感たっぷりに表現しています。




【キーワード】
神威の台詞にも重要ワードがぎっしりです。


【曲の特徴】
イントロの熱いドラムが印象的な、レンと神威の『戦い』の曲です。

「またあえたね☆」とリンの前に立ちはだかった神威。
そして、「ゆめにさよなら☆」で、主人公よろしく
危機に陥ったリンのもとへ颯爽と現れたレン。
リンをめぐる二人の、「その後のお話」。

神威パートから始まり、レンパートへとつながっていく。
2部「またあえたら☆」よりも、さらに細かいパートチェンジ。
幾重にも重なった構造は、会話形式だからこそですね。
(一部独り言も混じっているようですが…)
二人のやり取りから曲調が展開し、だんだんと増していく疾走感がたまらないです。
さらに、現代編にも関わらず、ルカがコーラスしていることにも注目ですね。
(プーチンPがブログでも『コーラスはルカ』と発言)

『戦ってます!』
今回は説明は不要とばかりの投稿者メッセージです。

レンの過去(「ぬすみはげどう?」)、リンの過去(「なやみむようっ!!」)とも異なる視点
神威から見た「過去」(=『あの物語』?)は、いかなるものだったのでしょうか。


続きます≫その2

関連記事

COMMENTS

これは「きみにわたしに」の話なんですけどミクは二つの記憶を持ってるんじゃない
かと思いました
ミク自身とどこからか紛れ込んだルカの記憶が
で、今回のポテト大量摂取によってその記憶が覚醒してのでは無いのかと(ミクがツインテールを解いてしまったのは徐々に覚醒するルカの記憶への複線)
で、なんで思いついたのかというと「かがみのむこう>」で最後にミクが現れてがくぽを連れて行く(ポテトを食べるのをやめて行動する)のと
「コーラスはルカ」
「きみにわたしに」では髪を解いたミクにヘッドバンドがある上に鮮明だった緑が褪せて、ヘッドセットのライトでピンクに染まってる
ルカ同様にパソコンを使ってなにやら(「親」のファイルをクラックしてるのはネットに「悲しいあの子」の記憶の流しルカなら出来る事?)
って所からです

多分もう気づいてるとおもいますがorz
プーチンPにハマるきっかけが「きみにわたしに」だったのでちょっと熱くなってしまいましたw
ここにある全てのコンテンツを読破させていただきます
2010-03-04 木 20:54:42 | URL | 八頭身派 颯仁 #ahG0b/pk [ 編集 ]

>八頭身派 颯仁さま

続いて、3部の考察コメント書き込みありがとうございます!
"二つの記憶"、非常に興味深く読ませていただきました。
今後の参考にさせていただきます。

「きみに、わたしに。」は、あのミクの疾走感がたまらないですよね。
音楽の面でも、物語の面でもいつもワクワクさせてもらえるのが
プーチンPの世界なんでしょうね。
もっともっと熱く語ってください!
2010-03-09 火 00:10:36 | URL | 編者 #PHprDxHw [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »