FC2ブログ
2021 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 08
TOP > news > もちょこさんの「プーチンP解釈マンガ」新刊が通販開始!

もちょこさんの「プーチンP解釈マンガ」新刊が通販開始! 2009.10.04[日]

当ブログにおいでいただき、誠にありがとうございます。

すっかり遅れてしまいましたが、
VM9でも大好評!
プーチンPも絶賛の!
(あおりすぎでしょうか…?)
もちょこさんのプーチンP解釈マンガ「マタアイタイ」の通販が開始されましたね。
既刊の2冊も販売中ですよ!未読の方はぜひ。

詳細はもちょこさんのサイトへどうぞ。

続きに感想など。


初めてもちょこさんのマンガを読ませていただいたときに感じたのが、
「うらやましい」
でした。
編者が、このブログを始めたばかりのときに
「オナワヲクレテヤル」が話題になっていました。

実際入手できたのは、VM8とかなり遅かったのですが、
もちょこさんに直接お会いできたのもあり、とてもうれしかったのを覚えています。

そう、「うらやましい」の意味ですね。

絵や漫画という「わかりやすい形」で物語をなぞっていることがまず一つです。
全く自分にはセンスがないので…orz見せ方も粋ですしね。

それと、作品を大切にする愛が感じられること。
「個人的に解釈した」とは書いてあるものの、
プーチンP作品の世界観を、かなり忠実に再現されているような気がします。

あとは何より、"余白"がいいなと。
編者は一応「考察」「分析」をモットー(?)にしています。
プーチンPがわざと作っている"物語の余白"を、編者は手持ちの手掛かりで埋めてしまう。
しかも、言葉で述べてしまうんです。
無粋なんでよね。

けれども、もちょこさんはその余白を、
うまく絵やモノローグで「解釈しつつ大切にしている」気がします。
読んだ人は、作品への愛は深まるけど、自身の解釈は邪魔しないように
といった姿勢が伝わってきて。
それらをひっくるめて出てきた感想が「うらやましい」だったわけです。

こぼれ話ですが、一部ご好評をいただいている(?)「なやみむようっ!!」の小話は、
(勝手ながら)もちょこさんのブログのイラストを見て思いついたものだったりします。
あの平和な風景が、どこかでほんとに起こった事だったらいいなー、みたいな感じで。
無粋じゃない"余白の埋めかた"が出来ていたら嬉しいんですけどね。

えーっと、まあ、何が言いたいかといいますと。
本おススメですよ!ぜひぜひ。
あと、「なやみむようっ!!」編が読める日を待ってます!

関連記事
tags : news | コメント(0) | news | edit

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »