FC2ブログ
2021 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 08
TOP > 1部考察 > 【考察】「ちょこあげる!」1部4曲目(04)を読み解く【その2】

【考察】「ちょこあげる!」1部4曲目(04)を読み解く【その2】 2008.11.15[土]

動画&歌詞その1その2

【個人的考察
この作品「ちょこあげる!」は、連作の中でもちょっと色の変わった作品と位置づけています。
一部「さくらのしたで☆」について述べている部分もありますので、
動画「さくらのしたで☆」をご覧になってからお付き合いください。


さてさて、この曲。
リンが大好きなレンのためにチョコレートを手作りしました。
一生懸命作ったリン。
チョコの感想を知りたいし、レンが自分のことをどう思っているかも知りたい。
早く食べて!全部食べて!とレンに迫ります。
おそるおそる一口食べたレンは…
「アッー!」


…っていう歌とは素直に受け取れないんですよね。

■どうにもキナ臭い
火薬入り、秘密兵器、死ぬ気…
リンの思考回路がどうも「恋する乙女」というより「戦う女」になっている様子。
なんだか地が出てきたのでしょうか。

■隠語が乱れ飛ぶバレンタインデー
前作でも述べたとおり、"ガンジャ"以外の表現がそこここに見られる歌になっています。
チョコ』、『火薬』などモノを指していると思われる言葉や、
汚れた あなた』という、薬物に侵されたレンを指している言葉などが登場します。
秘密兵器』も、『ララララ☆ハッピー』を欲するレンが喜ぶような
(もちろん法律に引っかかる)何かを、危険を冒して用意したと読むことができます。
アッー!』は、バッドトリップ状態だと考えると、
(サムネは「バッドトリップ中のレンが見たリンの顔」を表現?)
リンはレンが喜ぶと思って"バレンタインプレゼント"を用意したけれど、
レンにとってはうれしくない"プレゼント"だったのかもしれません。

貢ぐ女、転落する男。
自分は相手の全てを分かっている、その思い込みが男を苦しめる。

うーん、すれ違い。


レンの「アッー!」
いまさらですが申し上げておきますと、この作品は編者が解釈に悩む曲なのです。
前作の「ゆめをみようよ。」とあわせて聴くと、
一見うまくつながっているように感じるのですが
次の作品である「さくらのしたで☆」への心の動きが全く分からない。

この作品は単体としてこうも読めます。

リンはレンにまだ"プレゼント"を渡していない。
レンがどんなに喜ぶだろうと胸を弾ませながら『チョコ』を準備している。
その裏で、レンは男娼としてお金を稼いでいた。
アッー!』は、まあ文字通りの意味だと取っていただければいいのではないかと。
(参考:くそみそテクニックとは-Wikipedia
けれどもリンは、レンを思って歌っている…

流れに話を戻すと、
「ゆめをみようよ。」では『"まだ"(今は)止められない!(けれどやめたい)』と
歌っているのに対して、
今作では自分自身への使用は明言していないものの、前半はレンに対して"プレゼント"を
贈っているなど「ガンジャへの肯定」が感じられます。
さくらのしたで☆」で『夢から覚めても二人歩きたい』と歌っているリンとは別人のよう。
むしろ、「おしまいだぜ!」の"はじけてしまった"リンを彷彿とさせませんか?


■分岐点
ここで編者は、「分岐点」という言葉を用意しました。
ちょっと飛躍しますが、
実は、この曲が「おしまいだぜ!」消失の"初めの一歩"となっているのではないでしょうか。

最初の説の『アッー!』(バッドトリップ)でも『アッー!』(くそみそ)でもかまわないんです。
「ゆめをみようよ。」(ララララ☆ハッピー)から、「さくらのしたで☆」(夢から覚めても二人歩きたい)へ変化する理由が、この曲にあるはずなんです。
前半の「ガンジャ肯定」(「おしまいだぜ!」寄りのリン)が変化する場面が
恐らく『アッー!』なのでしょう。

バッドトリップかくそみそかはわかりませんが、
リンは絶句するほど酷い(レンのパートで歌が終了&トラウマきっかけで使われる「赤文字」で"ありがとうございました")
レンの『アッー!』状態を目の当たりにした。
リンはそれを見て、『でもねっ!あたしは 変わりたいの! 』と考えるようになった。

「おしまいだぜ!」が実際に"消失"したのは2部開始時(プーチンPの動画コメントより引用)ですが、
リンが分岐点に立ち、消失カウントダウンが始まったのがこの曲といえるでしょう。

蛇足ですが、動画の歌詞色が、今回だけなぜかマゼンダ()なのは
おそらく、サムネ絵との兼ね合いなんだと思いますけれど、
リンの黄色()+()=赤文字()とかつい邪推してしまいますね。



さて、いかがでしたでしょうか。次の曲「さくらのしたで☆」もどうぞお付き合いください。

≫「さくらのしたで☆」(動画&歌詞)

関連記事

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »