FC2ブログ
2021 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 08
TOP > 3部考察 > 【考察】「きみに、わたしに。」3部8曲目(25)を読み解く【その4】

【考察】「きみに、わたしに。」3部8曲目(25)を読み解く【その4】 2011.03.31[木]

動画&歌詞その1その2その3その4その5

【個人的考察】つづき
君と彼。彼女が指し示す人々は、セカイに何をもたらすのでしょうか。
その3までをお読みになってからご覧ください。

前回は、田代=擬人化したGoogle先生である、という仮説を立ててお話をさせていただきました。
となると、田代がそこここに現れる"プーチンP世界"とは、どんなセカイなんでしょうか。
今回は、宿題になっていた「人称代名詞」を読み解いていくことにしていきましょう。


■彼と彼女のソネット
前回挙げたのがこの5人分の人称代名詞です。たくさんいますね。

ミクの言動から、「我々の知らない人物を指し示していることはない」、
ミクは「なにもないもの。」なので、過去編に「該当する、ミクの記憶を持った人間がいない」ことを仮定します。
また、以下の表には物語に深く関わるであろう、重要な登場人物のみを候補として記載することにします。


<東京・現代編><ロシア・過去編><不明>
"プーチンP世界""赤の時代"の世界どちらにも登場する?


鏡音リン
鏡音レン
神威がくぽ
ドナルド


赤いリン
赤いレン(犬)
同胞・神威

ルカ
ウルセイ・テッパンノフ
初音ミク
プーチン


恐らく、この中に1.~5.に該当する人物がいると考えてよさそうです。

では、分かりやすいところから。

ここから、だんだん難易度が上がってきます。
次はこちら。


■代入します
やっとここまで来ました。残りは二つ。『』と『』です。
サクっと言ってしまうと、
』=前の持ち主
』=ドナルド
だと編者は考えます。
文法的には、3部2曲目「なにもないもの。」に登場する『彼…「つたえるもの」』=ドナルド
(→詳細:はなれ、ばなれ。の方程式

3部3曲目「またあえたね☆」で連呼している『』=前の持ち主
(→詳細:3.君とは誰か?

そう解釈しているからです。

以上、ここまで出てきた人称代名詞を、冒頭の表に当てはめていきましょうか。

<東京・現代編><ロシア・過去編><不明>
"プーチンP世界""赤の時代"の世界どちらにも登場する?


豚(リン)、あの子=鏡音リン
犬=鏡音レン
カツラ野郎=神威がくぽ
彼=ドナルド


(あの子)=赤いリン
(あの子達)=赤いレン(犬)
あなた=同胞・神威

あの子たちの親=ルカ
ウルセイ・テッパンノフ
わたし=初音ミク
奴=プーチン


やっと準備が終わりました。長かったorz
これらをふまえて、次回はミクの言わんとしていることを論じていきたいと思います。
続きます。

その5

関連記事

COMMENTS

すごく複雑な数式のようですねw
ぶっちゃけ、8割ほどしか理解できませんでした・・・
因みに私は
あの子たち=リンレン
君=テッパンノフ
彼=絶望の歌の人格
と考えてましたよ。
2011-05-12 木 19:00:22 | URL | torment #- [ 編集 ]

>tormentさま

> すごく複雑な数式のようですねw
> ぶっちゃけ、8割ほどしか理解できませんでした・・・
うーん、できるだけ分かりやすく書いたつもりだったのですが…筆力不足ですねorzすみません。

> 因みに私は
> あの子たち=リンレン
> 君=テッパンノフ
> 彼=絶望の歌の人格
> と考えてましたよ。
あ、でもほとんど同じですね。
「彼=絶望の歌の人格」ですが、tormentさんと編者の解釈が食い違っていなければ
絶望の歌の人格=「うそつきはだれ?」に登場する「赤目ドナ靴リン」=ドナルド
で、彼=ドナルド
になるんじゃないかなと思っています。
あの子たちは編者もまだ自信のない部分ではありますね。
2011-05-13 金 00:38:58 | URL | 編者 #- [ 編集 ]

いえ、私の理解力不足だと思いますよw
丁寧に説明されてますし、疲れた頭で読んだのでw

ドナルドについてですが、私は編者さんの俳優システムに則って、別々に考えてますよ。
第一部のドナルド=ガンジャの売人(具体的存在)
第二部のミクの言うドナルド=テッパンノフの幻影(なかば抽象的)
第二部のリンレンの言うドナルド=ガンジャの悪影響の象徴(抽象的存在)
「赤目ドナ靴リン」=ドナルド=絶望の歌の人格
こんな感じですね。
2011-05-13 金 09:02:50 | URL | torment #- [ 編集 ]

>tormentさま

コメントありがとうございます!
各場面におけるドナルドが、全く別々の存在なのかどうかは、
編者もまだはっきりと分かっていないですね。
参考にさせていただきます。
2011-05-22 日 22:26:57 | URL | 編者 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »