FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03
TOP > 3部考察 > 【考察】「こころにこえを。」3部11曲目(28)を読み解く【その5】

【考察】「こころにこえを。」3部11曲目(28)を読み解く【その5】 2011.11.07[月]

動画&歌詞その1その2その3その4その5

【個人的考察】つづき
彼女が見た最後の景色とは。

「こころにこえを。」「こころにこえを○」両作品を「こころにこえを」2部作と呼び、
横断的に考察していきます。
「こころにこえを」2部作・考察その4までご覧になってからお読みください。


今回は「こころにこえを。」最終回。ルカとテッパンノフの「すれ違い」について
主にルカの視点から論じていきます。

■歌姫は見えない糸を紡ぐ
前回はラジオを中心に、ルカとテッパンノフの関係について考察させていただきました。
二人は、以下のような関係性を持っていましたね。
  1. 共に逃避行をする者
  2. 元・追う者と追われる者
  3. 同じ孤児院で育った旧知の仲
  4. ボーカロイド』曲の作曲者と、それを放送する者

1.~3.は互いに認識していた関係性でしたが、今回注目するのは4.です。

思い残した事 もうラジオ流せない事』ルカは、子どもたちのためにラジオを放送していました。
罪滅ぼしの一環として、またルカ自身の救済として。
流していた曲の中には、『ボーカロイド』の曲がありました。

ネットで知った ロシア語のサイトに
あった曲を流して…


たまたま知った『ボーカロイド』の曲でしたが、『あの子達も好きだった』こともあり
継続的に放送していたようです。
ここで「継続的」と表現するのは、『最終回は来なかった』というセリフから。
ボーカロイドを使って継続的な連作を発表していて、まだ『最終回』が来ていない。
ん?どこかで聞いたような話…と思った方も多かったのではないでしょうか。
まるで我々が聴いている、この「プーチンP作品」そのもののようですよね。
まさか、『中の人』=テッパンノフ=プーチンPなの!?と考えた方もいらしたかもしれません。
(編者は今のところ違うと考えています)
その辺りは、完結するときにきっと明かされると思います。

にしても、プーチンPお得意のメタ構造がここでも出てきましたね。
ルカとテッパンノフをつなぐ見えない糸は『ボーカロイド』。
彼が作っていた作品は、プーチンP作品のような連作。
そんな『ボーカロイド』の曲を言及する歌を歌う、ボーカロイド・巡音ルカ。
うん、頭がこんがらがるのも無理はないですね。


■なかのひと
話を元に戻します。
二人のすれ違いがはっきり表現されているのはここでしょう。

最終回は来なかった 何でなにょ~?
中の人はどんな人なんだろ? オタクかな?
言葉違ったけど わたしのツボは抑えていたw


この部分、かなり考察上重要なセリフだと編者は考えます。
ルカの疑問の「回答」が、すなわち「こころにこえを○」につながるからです。



つまり、ルカにとってテッパンノフは、
  1. 共に逃避行をする者
    「おれとにげないか?」と言われたから。誰でもよかった

  2. 元・追う者と追われる者
    嫌悪も好意もない。無関心

  3. 同じ孤児院で育った旧知の仲
    「そういえばこいつもいたわね」程度の認識

  4. ボーカロイド』曲の作曲者と、それを放送する者
    中の人』の正体には全く気付かず

単なる脇役扱いなんですよね。
テッパンノフと逃避行をしていても、彼女の心の中を占めていたのは
インナーチャイルドたる「イリーナ」と、
大人の女として一時は勝ち得た「プーチン」でした。


■舞い落ちる姫君
さて、列車に乗ったルカは何をしていましたか?
思い出していましたよね。

逃避行を始めたきっかけ(「おれとにげないか?」

黄色いスカーフ事件(だからあの子 きっと最後に嘲笑ったんだ

自分が放送していたラジオのこと(思い残した事 もうラジオ流せない事

ラジオで流していたある『ボーカロイド』の曲のこと(最終回は来なかった 何でなにょ~?

子ども時代のこと(孤児院 懐かしいわね…

こうみると分かりやすいと思いますが、だんだんと過去にさかのぼっているのが分かりますか?
これまでの人生を振り返っているような。
そう、彼女はゆっくりと走馬燈を見ていたのです。

ジャンキーは上がったり下がったり大変です。声の大きさで表してます。

く る し い か な し い ぜ つ ぼ う か え し て く す り で と べ る わ こ わ く な い わ よ
現実逃避は楽しいわ 効いてきた…こわいよ あは。。
彼女は薬物を服用したようです。
何のために?
恐らく自殺するために。

直前に『現実逃避』とありますが、これは「PCを出してボーカロイドの曲を聴く」ことを
指しているのだと編者は考えます。
どんな『現実』から逃れるために?死にゆく現実から逃れるために、です。

ルカにとってテッパンノフは、単なる「脇役」だと述べました。誰でもよかった。
では、なぜそんな脇役の手を取ったのか。

死ぬことを決心していたから。


■蠍の火
ルカの『旅立ちへの道』は、死出の旅路でした。
その3でルカは、殺されたくないと考え、思考停止のために薬物を使用したと述べました。
(→詳細:プラネタリウムは綺麗だけど本当の星ではないんだよ
また今回は、死ぬことを決心して、自殺のために薬物を使用したとも述べました。
矛盾してますよね。

矛盾に思えることも、こう推測すると彼女の感情の揺れとして
一本の筋が通っているのではないでしょうか。
ルカは、死ぬことを決心してはいたが、
組織のもとで制裁を受け殺されることは望んでいなかった
また、直前まで自ら死ぬことを迷っていた。
薬物の力を借りて、やっと死ぬふんぎりがついた。

少女だったルカの望みは、
「逃げ出したい。明るい世界で幸せに暮らしたい」
だったと編者は考えています。
少女の気持ちを封じ込めていた大人のルカは、黄色いスカーフ事件をきっかけに
その声に耳を傾けることになりました。そして、望みをかなえたんです。
組織を裏切り逃亡を図りました。
組織の暗部を世界にさらけ出すことで、
「明るい世界」後ろ暗いところのない身を太陽の下に置くことができました。
少女の望みはかなえました。

でも、大人のルカは知っています。
そこはめでたしめでたしで終わるおとぎ話とはわけが違うのだということを。
だから、テッパンノフが追ってきたとき、内心ほっとしたんだと思います。
(プーチンが追ってこなかったことを残念がってはいましたが…)
ルカにとってのテッパンノフは、「死神」
少女の望みがかなったら、あの銃で殺してもらえる。
それが私のハッピーエンドだと。
そのときに、ルカは死を決心しました。

しかし、テッパンノフは死をもたらさず、逃避行を提案した。
これが罠にせよ、そうでないにせよ、逃げ切ることはできない。
待っているのは組織による制裁。テッパンノフのようにあっさりと殺してはくれないでしょう。
テッパンノフが殺してくれないのなら、自ら死のう。
薬物のことならだれよりも知っている。致死量も全部。



■ようやく君は気がついたのさ
あの頃に戻れば… なんてね☆ 無理だねw
子どものころには戻れない。誰でも知っていることです。
だから、ルカは少女の頃の自分を重ね合わせたイリーナに、未来を託していました。
しかし、彼女は未来を放棄した。ルカになることを拒んだ。
ルカは、イリーナになりたかった。だから、イリーナと同じように死を選んだ。
私だって未来を選べると。
ルカは満足したのだと思います。

でも、物語は幸せなまま終わらせてくれませんでした。
ノートPCを開いてインターネットに接続したんでしょう。
死の直前、ルカは知ってしまいました。
ばらまいた、「世界で一番悲しい子供達と犬のストーリー」
いつのまにか変容していることを。
さよなら プーチン スパイで 死ぬのねw
組織を裏切り、真実を世界に知らせようとした行為が
事実無根のスパイ行為にすり替わっていたことを。
実際何が行われたのかは、"イリーナの4変化"を見れば明らかですね。
ルカは罪を被らされて、スパイとして自分が死ぬことを知ってしまったのです。


■誰のための「終わり」
編者が悩んでいるのがこのラストシーンです。
あなたの
ためにね
全てが
終われば

ララララ ハッピー。


あなた』って誰でしょうね。
直前にプーチンについて語っているので、プーチンのことだろうと考えていたのですが、
どんどん分からなくなっていくんです。
イリーナや、イリーナと重ね合わせていた少女ルカだとしてもおかしくないなあと。
死ぬ前に、やっぱりプーチンのことが忘れられなくなっててもおかしくないですし。

プーチンのことは、もう愛人とかそういう次元じゃなくて、ルカのすべてだったと思います。
組織にいたころは、死ねと言われれば死ねるくらい心酔してたと思います。
だから、組織を裏切って離れても、ずっとその火はくすぶっていて
ことあるごとにプーチンのことを考えていました。
イリーナのことは、何度も言うように自分の理想として、良心として、
過去の自分として大きな存在になっていきましたよね。

彼女はどちらのことを思いながら死んでいったのでしょうか。

どちらにしても、プーチンにとっては取るに足らないこと。
「ドンマイ☆」で済ませられるくらい、ルカは軽い存在だったんです。
ララララ ハッピー。』が虚しく響きます。





ここまでお読みくださり、ありがとうございます。
「こころにこえを。」考察いかがでしたでしょうか。
だらだらと長くなってしまい申し訳ありませんでした。
最後に流れていた「またあえたら☆」の『二人また会えるなら☆ きっと幸せ☆』のフレーズ、
どの『二人』を指すんでしょうね。

さて、次は「こころにこえを○」テッパンノフ編に入っていきます。
死を決心して『旅立ちの道』を選んだルカに対して、
テッパンノフはどんなことを思い、ルカの手を取ったのでしょうか。
次回もどうぞお付き合いください。

「こころにこえを○」(歌詞・動画)


関連記事

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »