FC2ブログ
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05
TOP > 2部考察 > 【考察】「いっしょじゃない」2部3曲目(11)を読み解く【その2】

【考察】「いっしょじゃない」2部3曲目(11)を読み解く【その2】 2008.12.14[日]

動画&歌詞その1その2その3その4その5

【個人的考察
けっせんとうじつ!」に何が起こったのか。
冒頭の絵を手掛かりに、その顛末を紐解いていきましょう。


■1番2番
第2部、ミクとリンがどちらも登場する曲、
「まほうはじゃどう」「いっしょじゃない」の共通点と言えばそう、
ミクが1番を歌い、リンが2番を歌っていることです。

また、「ゆめをみようよ。」では、『いつだって あたしは二番よ!』、
「まほうはじゃどう」では、『何で二番? 格差社会?』とリンは歌っています。
この手法によって、

"1番がミクで2番がリン"という上下関係を印象付けています。
ちなみにこのリストは、下にいくにつれて現実へ近づいてきます。
リンたちの住む"小さな世界"から私たちの住む"現実の世界"へのクロスオーバー。
「おしまいだぜ!」が2部開始と同時にニコニコ動画から削除され、2部終了後にFULLとして復活したように、
いくつもの階層を行き来しながら物語が紡がれていくのです。
ここでは、"1番がミクで2番がリン"という関係は
様々な方法で幾度も表現されているくらい重要だということだけ覚えておいてください。


■「けっせん」の後始末
ミク・リンパートの画像は、二人の後ろ姿。ミクはやはり「けっせん」を見に来ていた模様。
ミクのように2つに結っていたリンの髪型も元に戻っています(左の毛先に名残あり)。
ですが、それだけではありません。画面にはいろいろと気になる小道具が置かれています。
いっしょじゃない1

ミクは後述するとしてまず、リンに目を向けてみましょう。
けっせんとうじつ!」のリンの画像、よく見ると右手を後ろに隠していましたね。
けっせんとうじつ1

実はその右手に持っていたのが、Bizon-2というロシア製サブマシンガン。(情報元:しゅら@in)
(参考:Bizonとは:はてなダイアリー)
リンの「けっせん」は本当の戦いでもあったようです。

「さくらのしたで☆」などで見られる、SEのみで語られる状況と、
次の曲「しあわせなの!」冒頭で語られる種明かし。種明かし編が絵を用いて再現されています。

そう、「けっせんとうじつ!」最後で轟いた機械音、そしてドナルド嘲笑の結果が
いっしょじゃない」最初のリンの姿。
一仕事終えたように肩で息をし、髪はふり乱したまま。
サブマシンガンの銃口からは硝煙が上がっているかのようです。
先述したように、(参考:思い通りにならないの)リンはレンの一言「悪いね」を引き金に暴走してしまいました。
機械音は、サブマシンガンの操作音を表現していたのかもしれません。
その戦った相手のなれの果てが"青い布"。このぼろぼろの青い布はなにやら見覚えがあるようですが…?

そう、この色の衣装と言えば阿部さんですね。
ここから「けっせんとうじつ!」をさかのぼり、状況を推測してみます。
あの絵は、レン目線のリンの姿。後ろにはドナルド・ミク・田代が覗いている。
では180度向きを変えてみましょう。リン目線のレンの姿。
レンの後ろにいたのが、阿部さんだとしたら…。

自分(リン)を待たせて、レンは遅れてやってきた。
まあ、『今日だけ 許してあげるけど 次は刺す(はぁと)』わよ!
本題に入ろう 答えを聞かせて!
緊張の一瞬、鼓動が高まる。
フラれるなんて あり得ないにゃー!

無言のレン。

あれ、誰かがやってきた。この大事な時に!!
はやく! じらさないで!
青いつなぎの男?邪魔されたくないのに!右手発動かしら?

やはり無言のレン。

レンがおもむろに男の手を取った。
そして、




「悪いね」

…あれです。「校舎裏に呼び出したら、『俺、コイツと付き合ってるから』」ってやつです。
そりゃ、リン暴走です。ドナルドも大笑いです。
これが、終盤の種明かしではないでしょうか。

ちなみに、浮気で別れ話がもつれたとき
彼女(妻)を刺すのが男性で、彼氏(夫)の浮気相手を刺すのが女性なんだそうです。
男性:「浮気をした彼女(妻)が許せない!(だから、思い通りにならない彼女は必要ない)」
女性:「浮気をさせた浮気相手が許せない!(いなくなれば、彼は戻ってきてくれる)」

男前なリンもやっぱり女の子なんですね。"浮気相手"である阿部さんを蜂の巣にしてしまいました。




細切れですいません。まだまだ続きます≫その3

関連記事

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »