FC2ブログ
2021 031234567891011121314151617181920212223242526272829302021 05
TOP > 2部考察 > 【考察】「ひとりにしないで。」1部1曲目(01)を読み解く【その3】

【考察】「ひとりにしないで。」1部1曲目(01)を読み解く【その3】 2009.01.25[日]

考察】「みえないよるに。2部7曲目(15)を読み解く【その3ex】も兼ねております。

みえないよるに。」 動画&歌詞その1その2その3その3exその4その5
ひとりにしないで。」 動画&歌詞その1その2その3

【個人的考察つづき
少し昔に戻りましょう。今回は、「ひとりにしないで。」の考察を行います。
ただし、「みえないよるに。」のその3までを読んでからご覧ください。


みえないよるに。」の「パート」、
今日だけは 帰さないんだからっ!
明日、日曜日さ!
似たようなフレーズ、聴いたことがありませんか?
そう、1部1曲目の「ひとりにしないで。」ですね。
今日だけよ ひとりにしないで
二人でサンデー!
この一致は偶然ではなく、必然性を持っています。


■二人でサンデー!
ひとりにしないで。」は、いつのリンが歌っているのでしょうか。
1部は2部に比べて物語性が少なく、幻想的であるということは以前述べさせていただきました。
しかし、「いっしょにね!」ではリンの自己紹介(ミクへの嫉妬、劣等感)が歌われ、
「ゆめをみようよ。」以降では、ドナルドとの戦い(そして顛末)が描かれていますね。
では、ひとりにしないで。」は?
リンリン 鳴る電話のベル』の電話は誰からのものなのでしょうか。

編者は考えます。レンからの電話である、と。
さらに考えます。「ひとりにしないで。」は、
「またあえたら☆」で、レンがリンを呼び出したときの場面をも歌ったものである、と。

歌詞に沿って説明しましょう。

電話終了。リンの思案が始まります。

レンのパートは、レンが水道橋で"赤の時代"を回想しているところ。
赤いレンが赤いリンの文字通り「相棒」だったとするならば、
赤いレンが「仕事」を手伝っていたとしてもおかしくありません。
また、『一つ 二つ盗む』が黄色いスカーフを指し、『や ら な い か ?』が危機だとすれば、
あの悲劇を思い出しているとも取れます。

ドナルドが笑っていること、『ヒトリニシナイデ…』とリンが繰り返しているのは、
「けっせんとうじつ!」の暴走の名残りだと考えると、つじつまも合うのではないでしょうか。

サビの『今日だけは 二人でサンデー!』は、
今日=サンデーではなく、『二人でサンデー!』が一つの意味をなしていると推測します。
本当のところはいまだ不明ですが、
二人で一緒にいること、二人が心を通わせることを『二人でサンデー!』と表現している、
または、サビはまた時制が変わっているのかも知れません。


■プーチンPの預言
未来のレールは 激しく揺れる 手と手合わせて 君と走るの!
なぜ、1部1曲目にこの作品が選ばれたのでしょうか。
プーチンPの連作(少なくとも1部2部)は、リンを主役とした物語です。
しかし、「いっしょじゃない」(告白騒動終了後)から
「またあえたら☆」で『全てを見せ』られるまで、リンの心情は語られることはありません。

リンがレンに愛想をつかせることなく、レンの元へ向かったのはなぜか。
本当は一番重要な部分かもしれませんよね。
リンはレンにただ惚れていて、呼び出されたからホイホイ行ったわけじゃないのです。
レンの電話に出たくない、そういった迷いもあった。
レンからの呼び出しに応じようかやめようか、ここでもリンは悩んだ
しかし、リンはレンを信じた。『曲がらない 気持ちを見せてよ』。
最後に、もう一度だけレンを信じてみよう。

リンから見たレンの姿は、
「薬と男に溺れて現実逃避。ミクにあこがれ、自分のことを見てくれない」でした。
1部と2部でレンが耽溺する理由は大きく変化したのですが、表面的には同じことをしていました。
そんな彼を救ってあげたい。『あたしが何とかしてやるわ! だから諦めないで…』(「ゆめをみようよ。」)
しかし、本当にレンが救われるのはレン自身が変わりたいと心から思ったときだけです。
水道橋でレンがリンに対して、どのような言葉をかけたのかは描かれていません。
しかし、リンはレンが「変わりたい」と考えているとみなした。
だから、『チャンスあげる』。

この心の動き、非常に重要ですよね。
リンが主役の、リンの物語なのです。
レンが記憶を取り戻して、リンに『全てを見せ』ようとしても、
リンが水道橋に現われなかったら、黒いUSBメモリの出番はなかった。
ミクとドナルドのデートは最後にならず、未来は変わったことでしょう。
リンの心の動き一つで、物語は大きく変化する。
未来のレールは 激しく揺れる』。揺れるレールはリンの心。
揺れる心の中で、リンが望んだのは『手と手合わせて 君と走るの!』。

分岐点、という表現は幾度も使ってきましたが、本当はこのリンの決心が一番大きな分岐点でしょう。
1部1曲目に「ひとりにしないで。」が選ばれたのは、プーチンPが
この大きな分岐点を我々に刻みつけたいからとの思いからではないでしょうか。



さてさて、リンが使った『二人でサンデー!』という表現がいかに重要なのか
ご理解いただけたでしょうか。
そして、「みえないよるに。」でのミクの心情、
今日だけは 帰さないんだからっ! 』『明日、日曜日さ!』は、
二人でサンデー!』というリンの気持ちと非常に似ているのです。
しかしミクは、リンの物語の主役にはなれません。
リンの決心と、レンの行動によって、ミクとドナルドのデートは「パート」を迎えます。


みえないよるに。考察に、続きます≫その4

関連記事

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
«  | ホーム |  »